令和4年8月に新規の香司養成講座を開始します

現在、香司養成講座は2クラスで講座を進めています。そのうちの1クラス(土日コース)の生徒さんが6月に修了されますので、8月から新規の生徒さんを募集します。ご興味のある方はzoomを利用したオンライン講座を開催しますので、遠慮なくお問い合わせください。
詳しくはこちらより

公式ラインを始めました


公式LINEを始めました。様々な特典を用意してますので、よければぜひFOUATONSと友だちになってください
お友達になってくださった方には
「お友達限定!特製名刺香(3枚セット)」をプレゼントします

飾り結びを学んでみませんか?

飾り結びは意外と身近なところで目にすることがでします
例えば、仏具や僧侶の袈裟(背中にかける飾り紐「修多羅(しゅたら)」は仏の説いた「経」を遠くに散らないよう結び止めておくという意味をもちます)など仏教に関するもの
祇園祭の八坂紋結びや風鎮の房、茶壺の結びのように暮らしや祭祀にも多く使われています。
令和2年4月から宮崎、福岡で開始しました「飾り結び教室」も熊本、山口、長崎など遠方からも通って頂いています。結び文化に触れてみたい方は体験もご用意してますのでご興味のある方はぜひお問い合わせください

体験から資格取得まで

「お香」「アロマテラピー」「メディカルハーブ」「飾り結び」を始めたい!と思う方の理由はさまざまです。
また、始める方の時期もさまざま。当教室では、初心者の方から、資格取得を目指す方まで対応しております。
お香▶︎お香づくりの体験からお香の調合を学ぶ香司養成講座まで、幅広く学ぶことができます。
飾り結び▶︎令和2年4月から訶梨勒づくりを目指し、結びの基本から学ぶ飾り結び講座を開催しております。
メディカルハーブ▶︎自身の健康管理の為に、症状に合わせたハーブティーのブレンドから、専門のハーバルセラピストを目指す資格講座まで用意しております。
アロマテラピー▶︎自然の香りの力は心身の働きをバックアップしてくれます。そのためには正しい知識を身につける、安全性が大切です。fouatonsはナード・アロマテラピー協会の認定校です。
「訶梨勒」という掛香です
匂い袋制作体験をテレビ宮崎さんでご紹介頂きました。

講師紹介

お香、アロマ、メディカルハーブの資格を取得した講師が、生徒さんに寄り添いながら指導していきます。
◆講師紹介
多田博之:薫物屋香楽認定教授香司「お香の楽しさを香道の視点、源氏物語などの文学の視点、メディカルハーブを勉強した植物の視点から伝えていきます。
NHKカルチャーの講師として、熊本のNHK文化センター以外に宮崎の宮日カルチャー、鹿児島の山形屋文化教室でお香講座を開催してます。また、お香の専門家である香司養成講座を福岡、宮崎で開催し、インストラクターの育成に励んでます。香道を研鑽中。
多田晴美:薫物屋香楽認定香司ナード・アロマテラピー協会のアロマ・インストラクター日本メディカルハーブ協会の日本のハーブセラピストハーバルプラクティショナーなどの資格を取得。お香、アロマ、メディカルハーブと植物の香りを勉強しています。また東京八王子の菊谷恭子先生に師事して飾り結びに取り組み、香道を研鑽するなど、和の文化に真摯に取り組んでいます。またNHK文化センターの熊本教室や鹿児島の山形屋文化教室にてお香の講座を担当させて頂いております。
令和2年2月 お香の会にて香元を務めました
宮崎の高校で特別授業も担当させていただいております
NHK文化センターでの講座の様子です。

お問い合わせ

〜お香に対するCONCEPT(理念)〜
巷では合成香料の香りで溢れています。何気なく使っている市販のお香も合成香料で香りがつけてあるのが現状です。以前は普通に市販のお線香がいい香りだと思っていました。ところが天然の白檀や沈香の香りを知って、「こんなに天然香料の香りは素晴らしく、日本人はこの香りとともに文化を育んできたのだ」と思ったのです。そして東京の師匠の所に通い詰め、夢中で勉強し、天然香料にこだわったお香の良さを多くの方々に知って頂きたいという理念で、それまで経営していた歯科医院をやめ、宮崎と福岡に教室を開いたのです。ただ天然香料は値段も高いので、受講費も高くなるのは申し訳なく思いますが、ご興味のある方は、ぜひ体験して頂きたいと思います。コロナの状況下ではお家で過ごす時間が長くなり、天然の香りを求められる方が増えてきているのを実感してます。お香の歴史、香料、調合を深く学びたい方には香司養成講座をおすすめします。また私どもは芸道としてのお香も認知して頂きたいという思いから香道の研鑽を重ねております。

飾り結びに対するCONCEPT(理念)

「飾り結び」とは1本の組紐を人の手で装飾的に結んだもの、またその技法を言います。多くの方が神社•仏閣•武具•茶香道具•祭事•雅楽器•人形などに飾られているものを目にしている反面あまり認識されていないのも事実です。
仏教とともに組紐技術は日本へ伝わり、時代を経て美しい装飾性を増し、日本文化と融合します。人の手から手へ受け継がれた美しい手法を学び研究し未来へ残していく、私の手もその「ひと手」になれたらと思い教室を開いてます。「あなたの手で」飾り結びを一緒に結んでみませんか?