香道へのご案内

ホーム  »  香道へのご案内

香道体験レポート

令和3年11月28日(日)に正雲寺(大分県由布市挾間)さんにて香道体験を開催しました。
香道では香木を「六国五味」にて分類します。六国とは「伽羅」「羅国」「真南蛮」「真那賀」「佐曽羅」「寸門多羅」のことをいいます。私どもが銘のついた香木を中心にセレクトし、22名のお客様に鑑賞して頂きました。殆どの方が初めての体験でとても緊張されていましたが、香が炷き始められると香木の馥郁とした香りに包まれ、皆さんの緊張もほどけたようです。
今回のメインの香木である御家流伽羅「茜(あかね)」は正雲寺さんから望む紅葉の風景、夕陽に染まる由布岳を連想する様な暖かさを持った上品な香りで、皆さんの心に印象深く残ったようです。

香道を学んでみませんか?

私どもはお二人の先生にご指導を仰いでおります。お名前を出すことはできませんがこの世界では著名な先生です。先生のご指導を受けられることをとても嬉しく思います。
月に1回、福岡市の教室にてお稽古に励んでおります。流派は御家流の流れを受け継ぐ研究会になります。
香道に興味があり学んでみたい方はメッセージを頂ければと思います。私どものグループにお迎えするには条件があります。
①香道は三大芸道の一つですので、終わりがありません。自己研鑽の世界です。短期間でと言われる方はお断りします。
②直接ご指導を仰ぐ先生は家元ではありません。家元からのご指導を仰ぎたい方は当グループには合わないと思います。
③私どものグループのお仲間に迎えるにはfouatonsが主催する「香司養成講座」を受講されることを条件とさせて頂いております。
香道は入門、初伝、中伝と進みますが、私どもは先生方の代わりに入門と初伝の講座の一部を担当させて頂きます。私どもが担当する講座に関してはfouatons の宮崎、福岡教室で受講が可能です。
お問い合わせはここをクリックしてください
令和2年2月の体験会です

聞香体験

こちらの講座は、簡単な香席でのお作法に従って、香木の香りを楽しんで頂く講座です。私どもで灰手前をした香炉で沈香の香りを聞きます。香席ではありませんので、気楽にお楽しみください。
福岡、宮崎教室で行う体験講座です。他の講座と違い準備が必要ですので、事前の予約が必要です。ある程度のお時間を頂きます。
参加費5,000円
人数は3〜4名でお願いします。

話がそれますが、香木で印象的なシーンがNHK大河ドラマ「篤姫」最終話にあります。最終話では天璋院篤姫様の周りの方が次々になくなり悲しみに暮れており、最後のシーンで天璋院様はお近様(小松近)がさしあげたお手紙を読まれます。その際、香木が一緒に添えられていました。この香木は夫(小松帯刀)が江戸に向かう際御守り代わりにお近様が渡したものです。これを天璋院様にお受け取りいただきたいと書いてありました。
お手紙に「香木は数百年の時を経てもその香りを失いません。遠い国に生まれた若木が時を経て我が国に運ばれ、縁あって私のもとで香り、そして今また貴方様のもとで香ろうとしています。」と書いてあります。篤姫では聞香のシーンも出てきますので、見る機会があればぜひご覧ください。

聞香実践講座

こちらの体験レッスンは、作法は気にせず聞香を気軽に楽しんで頂けるように、香木のたき方を実践する講座です。この講座は次の方にお勧めです。
①初心者の方
②聞香を日常生活に取り入れたい方
③火道具は持っているけどたき方がわからない方などお勧めです(薫物屋香楽の香司さんには特にお勧めです)
炭に火を熾し、香炉の灰を整えて、銀葉を置き香木をたいて頂きます。電気香炉はお手軽ですが、たまには炭に火を熾して香木の香りを鑑賞するのはいかがでしょうか。使用した香木はお持帰り頂けます。講座は椅子席です。
こちらの講座は3〜4名で申し込みいただけます。
香木は沈香を使用します。
レッスン料6,000円
所要時間2時間
※香木の香りはとても繊細ですので、香水の使用や柔軟剤を使用した衣服でのご参加はご遠慮ください
※私共は御家流香道ですが、香道をお教えすることはできません。あくまでも、日常で楽しんで頂くための講座です

お問い合わせ

〜お香に対するCONCEPT(理念)〜
巷では合成香料の香りで溢れています。何気なく使っている市販のお香も合成香料で香りがつけてあるのが現状です。以前は普通に市販のお線香がいい香りだと思っていました。ところが天然の白檀や沈香の香りを知って、「こんなに天然香料の香りは素晴らしく、日本人はこの香りとともに文化を育んできたのだ」と思ったのです。そして東京の師匠の所に通い詰め、夢中で勉強し、天然香料にこだわったお香の良さを多くの方々に知って頂きたいという理念で、それまで経営していた歯科医院をやめ、宮崎と福岡に教室を開いたのです。ただ天然香料は値段も高いので、受講費も高くなるのは申し訳なく思いますが、ご興味のある方は、ぜひ体験して頂きたいと思います。コロナの状況下ではお家で過ごす時間が長くなり、天然の香りを求められる方が増えてきているのを実感してます。お香の歴史、香料、調合を深く学びたい方には香司養成講座をおすすめします。また私どもは芸道としてのお香も認知して頂きたいという思いから香道の研鑽を重ねております。

飾り結びに対するCONCEPT(理念)

「飾り結び」とは1本の組紐を人の手で装飾的に結んだもの、またその技法を言います。多くの方が神社•仏閣•武具•茶香道具•祭事•雅楽器•人形などに飾られているものを目にしている反面あまり認識されていないのも事実です。
仏教とともに組紐技術は日本へ伝わり、時代を経て美しい装飾性を増し、日本文化と融合します。人の手から手へ受け継がれた美しい手法を学び研究し未来へ残していく、私の手もその「ひと手」になれたらと思い教室を開いてます。「あなたの手で」飾り結びを一緒に結んでみませんか?