宮崎校

HOME   »  お香講座   »  宮崎校

定期講座(和のギャラリーこう泥草)

宮崎市昭和町の「和のギャラリーこう泥草」さんでは月1回、お香の定期講座を開催しております。ご興味のある方はfouatons までお問い合わせください

迎春の部屋香つくり
日時 12月17日(土)11:00〜13:00
場所 和のギャラリーこう泥草(宮崎市昭和町)
参加費5,200円
12/17はお正月の室礼に使える部屋香をつくります

宮日カルチャーMRTmicc教室

2ヶ月に1回の割合で、お香づくりの講座を開催しています。
奇数月第4火曜日(第3火曜日の時もあります)の10:00~に開催してます。
詳しくはホームページを参照ください。
1/24・・・「沈香を使った高級線香つくり」
高級香料である「シャム沈香」をメインに白檀・丁子・龍脳などの天然香料を使い、お線香を作ります。シャム沈香は優しい香りが特徴です。就寝前に焚くと心が安まり、心地よい睡眠がえられますよ。
3/28・・・「はんなり京都の名刺香・文香つくり」
名刺香、文香はお香を和紙で包んだ匂い袋です。今回は、京都風のスタンプをご用意してます。和紙袋に京都をイメージさせるスタンプを押し、はんなりとしたデザインと香りの名刺香・文香を作ってみませんか?


宮日カルチャーではメディカルハーブの講座も行っています。

シーンに合わせハーブを組み合わせるハーブティーは、体調を整える予防のサポートに、また、おもてなしにも役立ちます。さらに季節に使いやすいハーブとアロマを使ったクラフトもご紹介します。
12月20日・・・「香りの創香」
音楽にも調和が大切なように、香りもいくつかの組み合わせで成り立っています。単品香料を組み立てお花や柑橘の香りのコロンを創香します。ハーブティーはスパイス系をプラスするからだを温めるティーをつくります。☆単品香料は香水に用いるものを使います。今回は精油ではありません。
2月28日・・・「感染対策、花粉症対策に」
寒い時期の免疫力アップハーブティーと寒さ、マスクでカサカサ肌に優しい軟膏を作りま
詳しくはこちらをクリックしてください





令和4/4/24白檀のお線香つくり〜終了レポート

宮崎市鏡洲の劔靈大權現(はやひだいごんげん)様にて10名のご参加を頂き『白檀のお線香つくり』を行いました。ほとんどの方は初めての体験でしたので、作製過程や天然香料の香りを楽しんでいただけたようです。こちらの神社様は神仏習合ですので、お線香も使います。参加の皆様には作ったお線香を1本ずつ提供して頂き、宮司様のお勤めの際に使って頂くようにしています。


令和4/1/30心願成就「新年の御守りつくり」レポート

令和212月に宮崎市鏡洲に「八大龍王神 劔靈大權現(はやひだいごんげん)」様が落慶されて1年経ちました。劔靈大權現様で一年に一度の神事
「御守り奉製」を行いました

お守りは護符やお札が入っている小さい袋型の縁起物で、神様の力が宿っているとされています。お守りの上部を二重叶結び(御守り結び)で結んでいるのはその力を封じ込める意味があります。毎年1月の定例行事として今後も行う予定です。




お問い合わせ

〜お香に対するCONCEPT(理念)〜
巷では合成香料の香りで溢れています。何気なく使っている市販のお香も合成香料で香りがつけてあるのが現状です。以前は普通に市販のお線香がいい香りだと思っていました。ところが天然の白檀や沈香の香りを知って、「こんなに天然香料の香りは素晴らしく、日本人はこの香りとともに文化を育んできたのだ」と思ったのです。そして東京の師匠の所に通い詰め、夢中で勉強し、天然香料にこだわったお香の良さを多くの方々に知って頂きたいという理念で、それまで経営していた歯科医院をやめ、宮崎と福岡に教室を開いたのです。ただ天然香料は値段も高いので、受講費も高くなるのは申し訳なく思いますが、ご興味のある方は、ぜひ体験して頂きたいと思います。コロナの状況下ではお家で過ごす時間が長くなり、天然の香りを求められる方が増えてきているのを実感してます。お香の歴史、香料、調合を深く学びたい方には香司養成講座をおすすめします。また私どもは芸道としてのお香も認知して頂きたいという思いから香道の研鑽を重ねております。

飾り結びに対するCONCEPT(理念)

「飾り結び」とは1本の組紐を人の手で装飾的に結んだもの、またその技法を言います。多くの方が神社•仏閣•武具•茶香道具•祭事•雅楽器•人形などに飾られているものを目にしている反面あまり認識されていないのも事実です。
仏教とともに組紐技術は日本へ伝わり、時代を経て美しい装飾性を増し、日本文化と融合します。人の手から手へ受け継がれた美しい手法を学び研究し未来へ残していく、私の手もその「ひと手」になれたらと思い教室を開いてます。「あなたの手で」飾り結びを一緒に結んでみませんか?